事業紹介

上野村最大の資源である木材を、無駄なく利用するために

 村の山々から伐出された木材は、樹種ごとに分けられ、針葉樹のうちヒノキやカラマツは原木市場で競りに、スギは当組合の製材工場で建築用材へ加工されます。製材の際、端太材は廃棄せずにチップへ加工し、製紙工場へ販売します。少々の曲りのある材や広葉樹などの建築用材にならない材は、食器・おもちゃ・家具・雑貨などの工芸品へ。
 曲がりや割れなどがひどく材料として使えない木材は、村営の木質ペレット工場でバイオマス燃料となり、村内のバイオマス発電所や、一般家庭でペレットストーブの燃料として利用されます。
 このように、組合と役場が協力し、木材を無駄なく利用するシステムを構築しています。

木材の流れ


各事業の紹介へ